ジャコメッティ展

d0056804_17573740.jpg
ジャコメッティ展
見たものを見たままに描く。記憶をたどって造る。造っては壊し、また造っては壊す。ただひたすら自分とモデルに向き合い、手を動かし続け、そうして生まれた独特のフォルム。ついさっきまで制作していたかのように見える何ものにも変えられない手の痕跡。










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[PR]
# by imadesign | 2017-06-21 18:26 | art
アントニン・レーモンド展

d0056804_10304705.jpg
名称:チェコ大使館
設計:レーモンド設計事務所
チェコ大使館でアントニン・レーモンド展が開催されていたので広尾まで行きました。前を通るたびに気になっていた建物ですが、レーモンド設計とわかり、納得できました。直線、曲線の構成が美しく、しばらく見とれてしまいました。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[PR]
# by imadesign | 2017-05-31 10:45 | diary
建築家・山田守の住宅展

d0056804_19232434.jpg
山田守自邸 1959年竣工
薄い庇とRが特徴的な外観、庭との関係が以前から気になっていた建築だったが、建築家・山田守の自邸とわかったのは最近のことだった。そんな折、見学会が開催されると聞きこれチャンスとばかりに見てきました。螺旋階段を上がり、2階のエントランスに立つと両開きのRの鉄扉が印象に残る。くの字の平面が空間の広がりを感じる。気になっていた庭との関係だが、この家は2階を主に生活の中心に捉えており、なぜ庭に傾斜がかかっていたのか納得できた。特に奥の茶室に座って眺める景色が良く、しばらく堪能してしまった。竣工から58年経っている建築とは思えないほど洗練された計画とディテールに自分の未熟さを思い知らされました。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
# by imadesign | 2017-04-19 19:59 | diary



商業施設、住宅、オフィス、展示会、及びプロダクト等のデザイン、設計を行なっています。
by imadesign