カテゴリ:diary( 110 )
夕日

d0056804_09475051.jpg









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
by imadesign | 2017-11-28 09:50 | diary
カメラ

d0056804_18131977.jpg
d0056804_18133163.jpg
一眼レフカメラを購入したが、今までのカメラとは明らかに違う画像の良さに驚いてる。好きな設定で誰でも簡単に写真が取れてしまうので、それが逆に怖いところです。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
by imadesign | 2017-11-13 18:23 | diary
アントニン・レーモンド展

d0056804_10304705.jpg
名称:チェコ大使館
設計:レーモンド設計事務所
チェコ大使館でアントニン・レーモンド展が開催されていたので広尾まで行きました。前を通るたびに気になっていた建物ですが、レーモンド設計とわかり、納得できました。直線、曲線の構成が美しく、しばらく見とれてしまいました。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[PR]
by imadesign | 2017-05-31 10:45 | diary
建築家・山田守の住宅展

d0056804_19232434.jpg
山田守自邸 1959年竣工
薄い庇とRが特徴的な外観、庭との関係が以前から気になっていた建築だったが、建築家・山田守の自邸とわかったのは最近のことだった。そんな折、見学会が開催されると聞きこれチャンスとばかりに見てきました。螺旋階段を上がり、2階のエントランスに立つと両開きのRの鉄扉が印象に残る。くの字の平面が空間の広がりを感じる。気になっていた庭との関係だが、この家は2階を主に生活の中心に捉えており、なぜ庭に傾斜がかかっていたのか納得できた。特に奥の茶室に座って眺める景色が良く、しばらく堪能してしまった。竣工から58年経っている建築とは思えないほど洗練された計画とディテールに自分の未熟さを思い知らされました。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
by imadesign | 2017-04-19 19:59 | diary
2017桜

d0056804_09321502.jpg
お寺と桜。とても絵になる。散り始めた桜に心が和む。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
by imadesign | 2017-04-12 09:37 | diary
カレンダー

d0056804_13033787.jpg
前々から良いものがないと思っていたので白、黒、グレーで100㎜角のカレンダーを作ってみた。土曜は青、日、祝日は赤字がほとんどだが、これはグレーを使っている。週末が主張されないが仕事で使うにはシンプルでむしろ落ち着く。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー〜ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[PR]
by imadesign | 2017-03-20 13:19 | diary
旧小坂家住宅

d0056804_19561650.jpg
旧小坂家住宅
設計施工:清水組(現清水建設)
実業家であり国会議員も務めた小坂順造の別邸として昭和13年に建てられた。国分寺崖線沿いのこの辺りは風光明媚な場所で、財界人や政治家の別邸が多く存在していたが、唯一残ったこの住宅と庭園を世田谷区が買い入れ全体を緑地としt一般に公開している。

L字型の間取りは、どこからも深い緑が見渡せ、ここが東京かと思わせるほど自然豊かで静かな時間が流れている。

こんな住宅が設計できたらといつも思ってしまう。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[PR]
by imadesign | 2017-03-07 09:34 | diary

d0056804_17582578.jpg

d0056804_17583573.jpg

d0056804_17584434.jpg

d0056804_17585370.jpg


日が落ちるとともに、雲の隙間から光が差し込む神々しい瞬間。
二度とない1日が終わる。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by imadesign | 2017-02-13 18:07 | diary
乗泉寺

d0056804_20534639.jpg

乗泉寺
設計:谷口吉郎
冬の午後の低い日差しを受けた回廊が、柱と梁が織り成す、光と影のコントラストによって実に美しい佇まいを見せている。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by imadesign | 2017-02-03 21:06 | diary
堀部安嗣展 建築の居場所

d0056804_19541138.jpg

堀部安嗣展 建築の居場所
先人たちの建築に畏敬の念を持ちながら、深い洞察力に裏付けされた必然性のあるフォルムと昔からそこにあるような感覚に陥るほど周囲の環境に溶け込む氏の建築は、現在の住宅建築の現状に警笛を鳴らしているようである。

建築の本当の姿とは何なのか?氏の言葉一つ一つが今の自分に重く、そして糧となって積み重なっていく。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by imadesign | 2017-01-25 09:38 | diary



商業施設、住宅、オフィス、展示会、及びプロダクト等のデザイン、設計を行なっています。
by imadesign