メンテナンスを考える。
 お店を見ていると人の手が入らないような開口に間接照明が入っていたり、どうやっても掃除機が入らないような什器とウィンドウの隙間など、「メンテナンスの時はどうするのだろう?」と思わせる箇所を見つけることがあります。短期の仮設でしたら多少の無理は大丈夫でしょうが、5年、10年先を考えればメンテナンスの出来ない箇所がある処理の仕方は、良いデザインとは言えません。

 ショップに限らず定期的にメンテナンスをしなければいけない箇所には何らかの細工をする必要があります。デザインだけを追い求めてメンテナンスのことを忘れてしまうと、トラブルが発生した時に直せないということにもなります。ですからプランの段階でメンテナンスのことも充分考えてデザインします。

 見た目のデザインも大事ですが、メンテナンスを考えた上でのデザインが、良いデザインだと言えます。せっかく出来上がっても壊すハメになってしまいますから...

 人気ブログランキング(デザイン&アート系)参加してます。

[PR]
by imadesign | 2005-10-12 18:43 | works
<< 資生堂のウィンドウディスプレイ。 違う目線が大事です。 >>



商業施設、住宅、オフィス、展示会、及びプロダクト等のデザイン、設計を行なっています。
by imadesign