原美術館にて。

d0056804_17281199.jpg









 品川にある原美術館で開催中の「Olafure Eliasson(オラファー エリアソン)影の光」展を見てきました。

 天井から吊り下げられた、モーターによりゆっくり回るアクリルのリングにスポットライトの光を当て、部屋中に光を拡散させたり、真っ暗な部屋の中に霧雨を降らしそこに光を当てることで七色の光がゆらゆらとゆらめいていたり、光を直接的に表現するのではなく、一度何かに光を当て間接的に光を表現しているところに、新鮮さと驚き、そして感動を覚えました。同じ展示を何度も何度も見返したのはひさしぶりで、また見に来たいインスタレーションでした。

 またこの美術館自体も非常に気に入っていて、もともと住宅として使われていた建物は、大箱の美術館とは違った何かほっとする雰囲気の中で、アートを楽しむことが出来ます。館内にある庭に面したカフェでゆっくりくつろぐのも良いです。

 LINK
 原美術館

 人気ブログランキング(デザイン&アート系)参加してます。

[PR]
by imadesign | 2005-11-26 18:35 | art
<< 布(カーテン)の使い方。 東京工業大学百年記念館。 >>



商業施設、住宅、オフィス、展示会、及びプロダクト等のデザイン、設計を行なっています。
by imadesign