ミラノサローネ2006レポート、その1。

 4/5 曇のち雨 ミラノサローネ2006初日。

 今年から新会場になったMassimiliano Fuksas設計の見本市会場のあるRHO Fiera駅までドゥオーモ近くのホテルから地下鉄にて移動。移動の電車内からすでに同じ目的であろう人達がひしめき合い、a.m10:00到着駅に着いた途端、会場まで押すな押すなの大混雑。これは午前中に入場出来ないのではないかと思ったが人波に揉まれながらもなんとか入場をすませた。ガラスがうねる中央通路を通り、一番のお目当てであるデザインカテゴリーへ。しかしこの会場の巨大さには、ただただ驚くばかり。全体を見ようと思ったら3日でも見きれないほどである。

d0056804_18461525.jpg











 会場が広ければ1つ1つのブースも広く、また仮設とは思えないほどしっかり作られており、やはり世界最大の家具見本市だけにメーカーの力の入れ方も違うのだろう。ブースデザインも大変参考になった。

d0056804_18435760.jpgd0056804_2093231.jpg
d0056804_20194676.jpgd0056804_20215857.jpg











 肝心の家具は、それぞれ新作を発表したり、過去の商品を年代順に展示したりと多種多様だったが、これといった話題性のある家具は少なかったように思えた。今回、同行してくれた方は、毎年視察に訪れているが、今年は少し物足りないようなことをおっしゃっていた。それでもこれだけのメーカーが一同に集まり、それぞれ個性を競い合っている様子は日本のデザイナーズウィークでは見られず、貴重な体験となったのは間違いない。

d0056804_20365182.jpgd0056804_2037395.jpg











 初めてづくしの上に、このボリュームで圧倒されっ放しだった。正直情報が多すぎて整理しきれていない。歩いた距離も15kmはゆうに超えているだろう。脚がパンパンである(笑)。心身ともに疲労困憊のミラノサローネ初日だった。

 人気ブログランキング(デザイン&アート系)参加してます。
[PR]
by imadesign | 2006-04-12 21:01 | works
<< ミラノサローネ2006レポート... 好きな素材、その2 >>



商業施設、住宅、オフィス、展示会、及びプロダクト等のデザイン、設計を行なっています。
by imadesign