県立ぐんま昆虫の森 昆虫観察館。

d0056804_19151139.jpg









d0056804_19144810.jpg









設計 :安藤忠雄建築研究所
所在地:群馬県桐生市
 
約48haという広大な敷地全体が里山となり、そこには虫たちが自由に生息している。施設までの緩やかなアプローチを登っていくと、ガラスの大屋根に大階段、ガラス張りの温室、前面には水盤を配したダイナミックな建築が見えてくる。 

周りを見ると子どもたちが虫取り網を持って、懸命に虫を追いかけている。館内の展示室や図書館も家族連れで賑わっている。外に出て遊歩道を歩けば、コオロギやスズムシの鳴き声、トンボがゆったりと飛んでいる。ここにいると建築のことなど忘れてしまうほど気分が良い。やはりどんな著名な建築家が設計した建築でも自然にはかなわないことが良くわかる。展示ケースに入った虫たちを観るより、自分の足で実際に見つけ出し、それを捕まえることの方が大事なことだと思う。
[PR]
by imadesign | 2006-09-19 20:11 | diary
<< テーブル&椅子探し。 今後に期待。 >>



商業施設、住宅、オフィス、展示会、及びプロダクト等のデザイン、設計を行なっています。
by imadesign